ホワイトニング

白い歯を蘇らせるには…
なぜ歯が白さを失ってしまったのか
歯の着色の原因を検査し、適した治療法を選ぶ
それがホワイトニングの基本です。

健康的な笑顔を取り戻しましょう

ホワイトニングとは

はじめに

ホワイトニングは老若男女問わず可能な治療法です。
しかし、患者さんの歯の状態や歯質、変色の原因などにより効果が得られにくい場合もあります。
ホワイトニングを行う前の事前の診査が最大の効果を得るために必要となります。

博心会では事前診査により着色の原因を特定し最適の方法を用いて最大の効果が得られるようホワイトニングを行います。

ホワイトニングの種類
ホワイトクリーニング エアーフローポリッシング ブリーチング ホームホワイトニング
着色製の付着物を除去し磨きをかけて艶を出す 漂白剤を使用して光を当てて色素分解を行い白くする

クイックホワイトニング

薬剤を塗布し歯の色を白くする方法

歯の着色の原因

外因性の着色 日常の磨き残し、喫煙や、コーヒー・お茶・赤ワインなどの摂取による着色。
エナメル質の表面に着色因子が付着した状態によるものです。
内因性の着色 エナメル質・象牙質自体の変化によるもの。
エナメル質形成不全、テトラサイクリン変色歯、フッ素沈着症等。
×
加齢による着色 年を取るにつれ、徐々に象牙質の色調が増し、黄褐色が強くなることによるもの。
外傷、歯科治療による変色 外傷を受けて歯の神経が死んだり、歯の治療で神経を抜髄した場合に、血液やリンパ液の補給路を失った歯が、徐々に変色します。
歯科治療で金属の修復物(主にアマルガム)を用いた場合、成分が溶け出して歯髄・歯面から組織に着色因子が取り込まれて変色することがあります。
×

◎ホワイトニングに適する ×ホワイトニングに適さない

ホワイトニングの注意点

歯の表面の汚れ、着色を除去する方法のため、本来の歯の白さ以上に白くすることはできません。
従いまして次のような症例の場合、効果が期待できません。

  • 先天的な着色歯
  • 内因性着色:重度のテトラサイクリン(胎児期、幼少期における抗生物質の過剰投与による変色歯)
  • 虫歯や歯髄(歯の神経)が死ぬことで歯が黒ずんでいる場合など

ホワイトニング後、日常の歯の使用により、徐々に着色性の付着物が付着してきます。
そのため、ホワイトニング施術後およそ6ヶ月くらいで、術前に近い状態に後戻りしてしまいます。
(歯質、生活習慣、セルフケアによって、効果の持続期間には差があります)

ホワイトニング変色した歯を白い歯に

セラミッククラウン歯並びや歯の色を修正

セラミックによるホワイトニング効果

歯の表面に、セラミックを貼り付けたり、かぶせたりすることで、歯の色を白くする方法です。
ラミネートベニア、メタルボンド、セラミッククラウン、セラミックインレーなどの方法があります。
セラミックの色は自由に選べるため、お好みの白さを手に入れることができますし、ホワイトニングと違って、色が戻る心配がありません。
また、矯正を行うことなく、短期間で歯並びを整えることも、可能です。
(芸能人やモデルの多くが行っているのは、この方法になります。)

セラミックについてはこちら

ホワイトニング料金

ホワイトクリーニング

ホワイトクリーニングより、強力に汚れを落とします。
汚れを落とすことで、口臭、虫歯、歯周病の予防に効果があるのは、ホワイトクリーニングと同様です。
ただし、表面を磨きあげ、つるつるにする効果に関しては、ホワイトクリーニングのほうが優れています。
(目に見えない表面のざらつき、エナメル質の細かなキズには、汚れが付着しやすいので、着色の原因になります。
表面がつるつるであれば、それだけ着色を防ぎやすいということになります。)

エアーフローポリッシング (500円/1歯)

一回の所要時間は、30分程度が目安です。
目立った汚れは、だいたい1回で落とせますが、 白さを実感するためには、2~3回程度の施術が必要です。
お口の汚れを落とすので、口臭に対しても効果がありますし、 虫歯、歯周病の予防にも役立ちます。

オフィス・ブリーチング

歯の表面に漂白剤を塗り、白くする方法です。
1回の来院で行うターン数は、着色の程度、年齢、歯の厚さ等によって異なります。
改善された状態を確認し、希望の白さと一致するかを評価して、必要があれば、1週間の間隔をおいて、再度、同様の工程を繰り返します。

ホームホワイトニング (40000円/片顎対応 )

一人ひとりのお口に合った、専用のホワイトニングトレーを作成し、トレーにホワイトニング剤を注入して使用します。
1日2時間程度の使用を毎日続けると、2週間くらいで効果を実感できます。
早い方だと、数回の使用から効果が現れますが、 基本的には、ブリーチングに比べると、漂白効果が現れるのに時間がかかります。
トレー作成後は、ご自宅で行って頂くわけですが、ジェルを入れすぎて歯肉に付着すると、歯肉の変色、 知覚過敏の原因などになるため、注意が必要です。
医師の指示による、正しい取扱い・使用方法を守って頂くことが、ホームホワイトニングを成功させるポイントになります。

ホワイトコート

歯の表面をコーティングして一時的に歯を白くします。
(歯のマニキュアのようなものです)
歯を削らずに、即日で、思い通りの白さを再現できます。

(特徴1)独自の接着メカニズム:プライマー

ダイレクトレジンベニア修復など無切削エナメル質に接着する際には、リン酸エッチング処理が常法とされていますが、「ホワイトコート」ではリン酸エッチングを避け、歯質にダメージの少ない、再石灰化可能なレベルのマイルドな酸性を有するセルフエッチングプライマーを採用しています。
レモン果汁と同じ程度の酸性度のプライマーは、エナメル質表層の最小限の脱灰を行いつつ脱灰部にモノマー成分を浸透させます。エナメル質上のプライマー層とベースコートがいっしょに光重合することで接着します。

(特徴2)ユニークな機械的性質:ベースコート

「ホワイトコート」は充填用コンポジットレジンと異なり、薄い層での色調改善を目的としています。ベースコートは、その特徴的なモノマー組成によって、高強度、低弾性率、すなわち「しなやかで強い」硬化物を形成し、薄膜状態での辺縁のチッピングを可及的に抑制します。
ベースコートは低粘度のコンポジットレジンと同じ強度を保ちつつ、歯面コート材と同等のやわらかさ(低い弾性率)を示します。

(特徴3)特殊処理フッ化ナトリウム配合:ベースコート

現在では、フッ化物塗布処置やフッ化物入りの歯磨剤の使用により、日常的に歯面にフッ素が供給される環境にあります。「ホワイトコート」では、エナメル質表面をコートしながら、その表面にフッ素を供給します。
フッ素供給源として、ベースコートに接着性レジンセメントの「パナビアフルオロセメント」に採用している特殊処理フッ化ナトリウムを配合し、物性の劣化を抑制しつつフッ素を放出します。また、フッ素徐放量はエナメル質への適用と安全性を考慮し、シーラントと同程度に設定しています。

(特徴4) 表面滑光材によるコーティング

トップコート(写真)は、光重合により硬化してベースコート上に美しい光沢感のある層を形成します。通常のレジン材料では未重合層が形成されますが、トップコートは架橋性の高いモノマー(重合により密な網目構造を形成)と光重合触媒を使用することによりほとんど未重合層をつくりません。これにより、ホワイトコート適応期間においては研磨を必要とせずに滑沢な表面が持続します。

ホワイトコートは歯を削りませんし薬でしみる心配がありません

  • ご希望の歯の白さを選択できます。
  • フッ素配合の歯科用樹脂材料を使用します。
  • 何度も通院の必要はありません。1回で完了します。
  • 効果は通常約1ヶ月間持ちます。

ホワイトコート料金

診療カウンセリング料 処置料 1本
2100円 1050円
ホワイトコート術前 ホワイトコート術後