インプラント

インプラントとは

インプラント治療は、歯がなくなったところの歯根にあたる部分に人口の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人口の歯をかぶせる治療法です。あごの骨にしっかりと固定されるインプラント治療なら、まるで自分の歯のように食事をすることができます。

また、見た目も自分の歯のように自然に仕上げることができるので、人前でも口元を気にせず、食事や会話を楽しむことが出来ます。

そして、なにより残っている歯に余計な負担をかけることがなく歯の寿命を延ばすことが出来ます。

このような方にオススメです

  • f05061a65c23024173ad5b73742554a5_s心からの笑顔が出来ない・・・
  • 歯が抜けてしまった・・・
  • 入れ歯が合わない・・・
  • 噛みにくい・・・
  • 話しにくい・・・
  • 生きる楽しみが減ってしまった・・・
  • 口元が気になって、人前にでるのが・・・
  • 固いおせんべいをぱりぱりと噛みたい
  • 口元を気にせず人前で堂々とお話をしたい
  • 大きな笑顔で会話を楽しみたい

 

inplant_before inplant_after
術前 術後

インプラントが適した症例

年齢
16才 骨の成長が落ち着く年齢(個人差あり)~90才 健康状態により
性別
不問

インプラントに適さない症例

重度の糖尿病 心疾患 肝疾患
人工透析を行っている方 顎骨の萎縮 骨粗鬆症

上記の疾病をお持ちの方は内科医との相談が必要となります。

 

従来の治療との違いは?
従来歯がなくなると入れ歯(取り外しが必要な人工樹脂)かブリッジ(固定式の冠をなくなった歯の両側の歯に入れてつなぐ)の治療法しかありませんでした。どちらも負担をかける歯の寿命が短くなる等の重大な欠点がありましたが、インプラントは単独でなくなった歯を補うことができ残っている歯を長持ちさせることができる画期的な治療法です。
手術時間はどれくらい?
手術時間は1~2時間が目安です(本数や部位、年齢、口腔状態などにもよる)。
手術時間については、事前の診査診断により決定され患者さんに知らされます。
手術には入院が必要ですか?
通常、入院する必要はありません。
インプラントのオペは患者さんへの肉体的負担も少ないです。
基本的には、局所麻酔でできますので通常の歯科外科処置の延長で、1~2時間で終了します。
通院は必要?
フィクスチャー埋め込み後骨部と固着するまで数ヶ月(個人差があります)要します。
その期間、数度の通院が必要です(口腔内清掃、経過観察)。
どのくらいもちますか?
インプラントはむし歯にはなりませんが、ご自分の歯同様メンテナンスを怠ると歯周病にはなります。 長くお使い頂くためにもご自身でのケアはもちろんのこと定期的に来院していただき口腔ケア(メンテナンス)を必要になります。 ケアの状態によりもちは大きく差がでます。
インプラントの費用は?
インプラント治療は健康保険が適用外で自由診療扱いです。
インプラントのトータルコストは
検査料+手術料+フィクスチャー材料費+インプラントに装着する人工歯の費用などの合計です。
手術前に患者様のご希望、状態などを検査し御見積書を提示します。
(医療費控除の対象となります)
アフターケア(メンテナンス)については?
博心会ではインプラントの治療をお受けになった患者様には他の歯を含め出来るだけ長く健康状態を保っていただくために3~4ゕ月毎に専門衛生士による口腔内ケアを受けていただいております。

インプラントの治療の進め方

1.審査・診断・治療計画

問診を通して現症状の把握説明を行います
CT検査等の必要な各種、検査・診断を行います
説明事項
顎の骨の状態・歯肉の状態・咬合状態・治療計画・治療諸掛

2.インプラントの施術

フィクスチャー

フィクスチャー(人工歯根)の埋め込み
顎の骨にフィクスチャー埋込用の小さなホールを開けます
そこにチタン製のフィクスチャーを埋め込みます。
手術に際しては事前に表面麻酔をしてから麻酔を行うため手術全行程において痛みの心配ありません
手術に要する時間は(本数にもよりますが)通常は1時間程度です(日帰りで行えます)

3.埋め込んだフィクスチャーと骨の結合を待つ

fixture3fixture2通常、フィクスチャーと骨が完全に結合するまで、上顎で約4ゕ月、下顎で約3か月ほど要します。
(フィクスチャーが結合する期間については骨の状態などによって個人差があります)
この間、経過の確認と消毒のために数回ご来院頂きます。

4.二次オペ

フィクスチャーの結合が確認されたらアバットメント(土台)を作るための簡単な手術をします。

5.アバットメントの型取り

アバットメントと仮歯を作るための型を取ります。

6.アバットメントと仮歯の装着

アバットメントをフィクスチャーにネジ止めしてその上に仮歯を装着します。
仮歯ですがこの時点である程度噛めるようになります。

7.人工歯の取りつけ

仮歯に慣れた時点で最終人工歯の型取りをして人工歯を装着してインプラントの施術が完了します。